埼玉県志木市を全国区の街にしたいブログ

知名度の低い埼玉県志木市を面白おかしく紹介して全国区の街にしたいブログです!

埼玉県志木市に名物が生まれにくい理由とは・・・!?その2

東京に近いものの、これといった名物がなく全国的な知名度に乏しい埼玉県志木市(しきし)
今回はなぜ志木市に名物が生まれにくいのか考察第2弾です

 

第1弾はこちら↓↓↓

www.shikilove.com

 

志木市は電車で池袋から約20分、新宿から約30分とかなり利便性の高い街なので、とても暮らしやすい街です
しかも駅から他の路線へと走るバス網が発達しているので、交通面もかなり便利です

 

しかし、名物らしい名物がないので、これっといってPRすることもなく、周辺の人しかその存在を知りません

 

では一体なぜ志木市には名物が生まれにくいのか
それは

 

都会とも田舎とも言えない立地だから

 

これはかなり大きいと思います
本当、何とも言えないところにあるんですよね

 

駅前はそこそこ栄えてはいるんですが、都会と呼ぶにはあまりにもちっぽけです(さすがに丸井やイオンがあるというだけで都会と呼べるわけはないでしょう)

 

そもそも電車で20~30分でガチの大都会に行けるので、志木市に都会としての需要はありません

加えて志木市自体が全国で6番目に狭い市なので、近年人口が増え続けている志木市に、大型の商業施設等ができる余地もありません

 

だったら田舎として勝負するか・・・とはならないのが志木市の弱いところ

 

正直自然はそこそこあります
志木市を流れる荒川(あらかわ)新河岸川(しんがしがわ)柳瀬川(やなせがわ)の3つの川は、周辺も様々な生き物が生息している自然豊かなところです

 

しかし、どの川も住宅街の近くにある都市河川なので、周辺地域が自然豊かというわけではありません(逆に言うと、都会とも田舎とも取れない立地だからこそ人が住みやすいと言えるかもしれませんが)

なので、自然豊かな良いところです!っていうPRをできるレベルではないんですね

 

とはいえ周辺には自然豊かなスポットもありますので

さてさてではここで、周辺地域の自然の名所を見ていきましょう

 

さいたま市には秋ヶ瀬公園(あきがせこうえん)という周辺でも群を抜いて大きな公園があります
かなり広い雑木林が広がっており、県の蝶であるミドリシジミの生息地として知られています
また、心霊スポットらしく、自宅から20km離れた友人がわざわざ自転車で夜中に来て、肝試しをしていました笑

 

新座市(にいざし)には平林寺(へいりんじ)という有名なお寺があります
平林寺内の雑木林は国の天然記念物になっていて、特に秋は紅葉のスポットとして人気を博しています
国の登録有形文化財の睡足軒(すいそくけん)という民家もある名所なので、文化的な側面でも楽しめるスポットになっています

 

さあーじゃあ志木市はーさてさて志木市はー・・・


「もうやめて!とっくに志木市民のライフはゼロよ!」
(すいません言いたかっただけです笑)

 

真面目に志木市の自然を考えると、チョウショウインハタザクラという志木市独自の桜があるんですが、駐車場内に一本だけ生えているだけなので、自然という感じでもないんですよねえ

なので、志木市の自然というと、荒川の河川敷です
(このブログは度々荒川の河川敷に頼ります)

 

あと、私の母が趣味で畑を借りて家庭菜園をやっているのですが、「タヌキが畑を荒らす」と怒っているのを聞いて、意外と自然豊かなんだなあと思いました

f:id:ysguchirou:20201108135913j:plain

荒川の河川敷で以前見かけたタヌキ

というわけで、タヌキの画像を見たところで今回は終わります
ご一読ありがとうございました