埼玉県志木市を全国区の街にしたいブログ

知名度の低い埼玉県志木市を面白おかしく紹介して全国区の街にしたいブログです!

埼玉県志木市で見つけた一風変わった自動販売機とは・・・!?

東京から近く、暮らすのには便利だけど、名物らしい名物がなく全国的な知名度に乏しい埼玉県志木市(しきし)
今回は志木市にあるちょっと変わった自動販売機のことについて話します

 

個人的なことなのですが、私は街を散策するのが結構好きなんですね
普段歩かないような道を歩くと新たな発見があり、その街の理解が深まると言ったら大げさですが、そうした新鮮さが好きだったりします

 

そんな趣味の散策をしていたある日、志木市内で一風変わった自販機を見つけました
それがこちら

f:id:ysguchirou:20201111160337j:plain

 

ソースの自販機・・・?


こんなものがあるなんで知らなかった・・・
折角だから買ってみようか・・・

 

f:id:ysguchirou:20201111160439j:plain

見てみると3種類の生ソースと1種類の特選ソース、計4種類のソースが販売されています
ここはやっぱり特選を買ってみるか・・・よく見ると800円(そのほかは500円)結構高いなあ・・・まあいいや買ってみよう!

というわけで買ってみました特選ソース

 

f:id:ysguchirou:20201111161552j:plain

 

さあさあ買ってみたところで、気になるのはもちろん味!
近所のお総菜屋さんで買ったコロッケにかけて食していきたいと思います

 

f:id:ysguchirou:20201111160946j:plain

めっちゃうまそう

なんか・・・思ったよりあっさり・・・とろみもなくてサラサラだし・・・あれ?
と思うのも当然、この特選ソースはウスターソースらしいので、粘度も弱く、甘味や酸味が少ないのが特徴です(ちゃんと確認して買えって)

よくよく写真を見たら濃厚ソースがあったので、そっちを買えばよかった笑

絶対コロッケにはそっちの方が合う笑

 

というわけで、ソースだけでちょっと味見をしてみたんですが、あっさりしていて、甘味や酸味が少なく、ソースが苦手な人でもいけそうな味です
一般のソースってしょっぱさが第一に来るものが多い気がしますが、そういった主張がそこまで強くなく、より奥行きのある味がしました(端的に言うと私はあっさり系が好きなので、この味はGOOD)

 

こんなソースを売っているのはトキハソースさん(読み方はときわそーす


東京の北区に本社があり、なんとそちらでも自販機販売しているとか


創業が大正12年というめちゃめちゃ老舗!東京で最も古いソースメーカーらしいです

 

昔ながらの手作り製法にこだわっていて、無着色なのだとか(あのお値段なのも納得)

 

テレビで取り上げられたこともあるらしく、2020年の夏ごろは自販機のソースが品薄状態だったとか

 

けど実際店頭で見たことないんだよなあ
と思ったら、袋麺の焼きそばソース等での出荷が多いらしく、知らず知らずのうちに口にしている可能性があるのだとか

 

こういう知られざるところで流通してるとかってなんか胸熱なの私だけですかね!?
実は、この商品そうなんですよーみたいなのってなんかいいですよね

 

これは今回の内容は、中々素晴らしかったんじゃないですか!?
こんな素晴らしい会社が志木市にあるなんて・・・!
これは志木市の名物といっていいでしょう!(いやいや本社東京じゃんとかいうつっこみはやめてください)

 

まあそんな志木市の名物といってもいいトキハソースさんのソースの自販機ですが、欠点があるとするならば

 

アクセスがめっちゃしづらい

 

所在地が志木市の端っこにあるんで、車か近隣住民の人じゃないとちょっと利用しづらいんですよねえ

 

まあでも安心してください!
アマゾンでも楽天でも購入可能なので、気になる方は今すぐチェック!(もはや志木市である意味がどんどんなくなっていく)

 

というわけで、今回はここまでです
ご一読ありがとうございました

埼玉県志木市で遂に見つけた名所らしい名所とは・・・!?

東京から近く住むには便利だけど、名物らしい名物がなく全国的な知名度に乏しい埼玉県志木市(しきし)
今回はそんな志木市でやっと見つけた名所らしい名所のお話です

正直志木市のPRブログを書いていると、いつもネタ切れの恐怖と戦わなきゃいけないんですね笑
前述の通り、名物らしい名物がない街なので、当然っちゃ当然です

先日も何かネタがないかなあと、自転車で市内をさまよっていたんですね
それでも何もなくどうしようかなあと途方に暮れていたところ、橋の上から荒川の河川敷を見ていたら、こんなものを発見しました

 

f:id:ysguchirou:20201110155714j:plain

河川敷の一角になにやらカラフルなところが・・・

明らかにあそこだけなんかカラフル・・・
この時期(11月)にカラフル・・・コスモスだ!

というわけで、これは行くしかないでしょう

 

f:id:ysguchirou:20201110160058j:plain


これはキレイ!(なぜか11月なのにひまわりも咲いてる笑)
しかしなんでこんなところにコスモスが?と思ったらこんな看板がありました

 

f:id:ysguchirou:20201110160149j:plain


不耕作農地対策?


なんでも畑って作物を作ってないと土地が栄養不足になってしまうらしいんですよね
なのでこうしてコスモスを植えることによって、土が痩せていくことを防いでいるわけですね

これはめちゃめちゃいい取り組みだと思いませんか?
本来であれば放置されてしまい、使い物にならなくなってしまう土地を痩せてしまうのを防ぐだけでなく、こんなにきれいな景色を見させてくれるわけですよ
本当に素晴らしい取り組みです!

ただこれが志木の名所かっていうとまた違うような気がするんですよねえ
不耕作農地の対策なので、また農地が本来の形で利用されればコスモスは植えられないと思うので、毎年この景色が楽しめるものでもないと思うんですよね

うーん、中々難しいのか・・・
と、ここで私はあることを思い出しました
志木市コスモス街道なるものが存在することを

実は新河岸川(しんがしがわ)沿いの遊歩道的なところにあるんですが、ここだったら常時名所として紹介できる!
よっしゃ行こう

というわけで来てみました!コスモス街道!

 

f:id:ysguchirou:20201110160340j:plain


おーまあ確かにキレイだけど・・・うーんまあなんというか、すごいってほどではないかなあ(おいおい)

ちょっと荒川河川敷のコスモス畑がきれいすぎましたね

あれを期待すると面食らってしまう感じ

 

まあまあ志木市って住宅街なので、こういうキレイな花が楽しめるっていうのは貴重なんですよね

街の遊歩道っていう感じでまあこれはこれで趣はあるのではないでしょうか(無理矢理まとめに入ってるなんて言えない)
私はふとこういうところを歩きたくなることがあるので、こういった場所が街にあるのはとても素晴らしいと思います

というわけで今回はこの辺で
ご一読ありがとうごさまいました
また次回の記事でお会いしましょう

埼玉県志木市の名所をGoogle検索したら予想外の展開に・・・!?

東京から近く便利で暮らしやすいけど、名物らしい名物がなく、全国的な知名度に乏しい埼玉県志木市(しきし)
今回はGoogle先生に頼ることにしました

 

まあー当ブログを書いて記事数が10を越えたんですけどね、志木市を題材に書くのは中々難しい笑
まあ名物らしい名物がないのに街をPRしようとしているわけですから、そりゃ無理ゲーってもんですよ!(開き直るな)

そんな困り果てていた私にあるお方がそっと微笑んでくれたわけです
そのお方とは

 

Google先生

 

ふとね、先生がこちらに向かって「検索してごらんなさい」と、微笑みかけてくれたんですよ

というわけで、検索してみました!


「志木 名所」


そしたら出てきました!志木市の人気スポット

それでは見てみましょうか、志木市の人気スポットを!

 

・秋ヶ瀬公園(あきがせこうえん)
彩湖・道満グリーンパーク
おふろの王様志木店
彩湖(さいこ)
さくらそう公園
・難波田城公園(なんばたじょうこうえん)
・荒川彩湖公園(あらかわさいここうえん)
富士下橋(ふじしたばし)
志木市立秋ヶ瀬運動公園(あきがせうんどうこうえん)

 

とまあ、とりあえず志木市人気のスポットで出てきたTOP9をまとめてみたんですがね

 

志木市のスポットが3つしかない(太字が志木市のスポットです)

ちょっと、これどうなってんの!?
なんで3つしか出てこないのよ!?
え、志木市ってそんなに何もないの!?
嘘でしょ!?嘘だと言ってよ!?ねえ!

 

ここで私はあることに気付きます
人気のスポットをすべて表示という項目があることを

これを押したらきっと・・・志木市の名所がめっちゃ出てくるんだ!
希望を持って押してみた結果は・・・

 

21分の5

割合下がってるじゃねえか・・・
うん、もうやめるよ・・・
まあ、志木市に名所らしい名所がないのは自覚済みです、どれだけ志木市民してると思ってるんですか

 

と思っていたところ、志木市で絶対外さない観光スポットというサイトがありました
これは、見るしかない
だって「絶対外さない」ですよ?そんなの見るしかないでしょうよ

というわけで、志木市で絶対外さない観光スポットベスト10の発表です!

 

1、田子山富士塚
2、いろは親水公園
3、旧村山快哉
4、宝幢寺
5、菖蒲沼の三面六腑の馬頭観音
6、志木市立郷土資料館
7、引又観音堂
8、旧西川家潜り門
9、神明神社
10、上の水車跡

 

すいません、正直言っていいですか

 

全然知らないところばっかり

 

親水公園とか郷土資料館とかはあそこかな?っていう目星がなんとなく付くんですが、それ以外の所は「あそこかな?」ともならない・・・
長年住んでいる人が全然知らないってどうなんだろうか・・・

 

いや、これは志木市民の恥だ
だって絶対外さない観光スポットを知らないんですよ
こんなことで志木市民が務まりますか

なので、今後TOP10の場所を巡ってリポートしたいと思います
志木市民は燃えていますよお!

 

というわけで、今回はここまでです
ご一読ありがとうございました

埼玉県志木市に名物が生まれにくい理由とは・・・!?その2

東京に近いものの、これといった名物がなく全国的な知名度に乏しい埼玉県志木市(しきし)
今回はなぜ志木市に名物が生まれにくいのか考察第2弾です

 

第1弾はこちら↓↓↓

www.shikilove.com

 

志木市は電車で池袋から約20分、新宿から約30分とかなり利便性の高い街なので、とても暮らしやすい街です
しかも駅から他の路線へと走るバス網が発達しているので、交通面もかなり便利です

 

しかし、名物らしい名物がないので、これっといってPRすることもなく、周辺の人しかその存在を知りません

 

では一体なぜ志木市には名物が生まれにくいのか
それは

 

都会とも田舎とも言えない立地だから

 

これはかなり大きいと思います
本当、何とも言えないところにあるんですよね

 

駅前はそこそこ栄えてはいるんですが、都会と呼ぶにはあまりにもちっぽけです(さすがに丸井やイオンがあるというだけで都会と呼べるわけはないでしょう)

 

そもそも電車で20~30分でガチの大都会に行けるので、志木市に都会としての需要はありません

加えて志木市自体が全国で6番目に狭い市なので、近年人口が増え続けている志木市に、大型の商業施設等ができる余地もありません

 

だったら田舎として勝負するか・・・とはならないのが志木市の弱いところ

 

正直自然はそこそこあります
志木市を流れる荒川(あらかわ)新河岸川(しんがしがわ)柳瀬川(やなせがわ)の3つの川は、周辺も様々な生き物が生息している自然豊かなところです

 

しかし、どの川も住宅街の近くにある都市河川なので、周辺地域が自然豊かというわけではありません(逆に言うと、都会とも田舎とも取れない立地だからこそ人が住みやすいと言えるかもしれませんが)

なので、自然豊かな良いところです!っていうPRをできるレベルではないんですね

 

とはいえ周辺には自然豊かなスポットもありますので

さてさてではここで、周辺地域の自然の名所を見ていきましょう

 

さいたま市には秋ヶ瀬公園(あきがせこうえん)という周辺でも群を抜いて大きな公園があります
かなり広い雑木林が広がっており、県の蝶であるミドリシジミの生息地として知られています
また、心霊スポットらしく、自宅から20km離れた友人がわざわざ自転車で夜中に来て、肝試しをしていました笑

 

新座市(にいざし)には平林寺(へいりんじ)という有名なお寺があります
平林寺内の雑木林は国の天然記念物になっていて、特に秋は紅葉のスポットとして人気を博しています
国の登録有形文化財の睡足軒(すいそくけん)という民家もある名所なので、文化的な側面でも楽しめるスポットになっています

 

さあーじゃあ志木市はーさてさて志木市はー・・・


「もうやめて!とっくに志木市民のライフはゼロよ!」
(すいません言いたかっただけです笑)

 

真面目に志木市の自然を考えると、チョウショウインハタザクラという志木市独自の桜があるんですが、駐車場内に一本だけ生えているだけなので、自然という感じでもないんですよねえ

なので、志木市の自然というと、荒川の河川敷です
(このブログは度々荒川の河川敷に頼ります)

 

あと、私の母が趣味で畑を借りて家庭菜園をやっているのですが、「タヌキが畑を荒らす」と怒っているのを聞いて、意外と自然豊かなんだなあと思いました

f:id:ysguchirou:20201108135913j:plain

荒川の河川敷で以前見かけたタヌキ

というわけで、タヌキの画像を見たところで今回は終わります
ご一読ありがとうございました

閑静な街を突如賑わせたアイドルの存在とは・・・!?

東京から近いけどこれといった名物がなく全国的な知名度に乏しい埼玉県志木市(しきし)
今回はそんな志木市彗星のごとく現れたアイドルのお話をしたいと思います

 

志木市は駅前こそそれなりに栄えているのですが、基本的には閑静な住宅街が広がっている静かな街です

加えて大した観光名所もないので(認めたくありませんが)お祭り等、特別な時以外は人で溢れるということはまずありません

 

しかし、今から9年前の2011年、そんな閑静な街志木市に、大してイベントがないにも関わらず、しかもいつもだったら釣り人が数人しかいないような荒川の河川敷に人が多く訪れるという奇跡の現象が起きました

一体なぜこんなことが起きたのか
それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒川にあざらしが現れたから

 

ニュースでも話題になったので、ピンときた方もいらっしゃるかもしれません(正直一世を風靡した多摩川のたまちゃんの二番煎じであることは否めませんが)
ちなみに荒川に現れたあざらしあらちゃんと名付けられました

 

あらちゃんの集客効果は絶大で、前述しましたが、釣り人以外まともに人がいなかった河川敷にめちゃくちゃ人が集まりました

 

f:id:ysguchirou:20201107112952j:plain

あらちゃんの様子を見ようと集まった人々

ちなみに普段の休日の様子がこちら↓↓↓

f:id:ysguchirou:20201107113159j:plain

 

マジで全然違いすぎる笑笑笑
いや、っていうか人集まりすぎじゃない!?
ざらしってすげえな!笑

 

てことはもう、志木市発展のためにはあざらしさん雇うっていうのが一番早いんじゃないのこれ?笑
私が頑張ってブログでPRするよりも、あざらしさん雇った方が全然効果あるって笑


と、元も子もないことを言っても仕方ないので、続けて記事を書きましょう笑

 

ちなみに志木市のあらちゃんへの熱の入れっぷりはかなりのもので、なんと特別住民票を志木市ではじめて交付するという超VIP待遇
しかも、フルネームが志木あらちゃんと、しっかり志木市をPRしていくという抜かりのなさ
更にはあらちゃんをゆるキャラ化までするという徹底っぷり

 

志木市全体で全力で乗っかろうとする感じ、個人的にはめっちゃ好きです笑

 

こうしてあらちゃんは、一躍「時の人」ならぬ「時のあざらし」になったわけですが、本当、人間って動物に弱いですよね笑

まあーかわいいもんなあ
そもそもあざらしって人気なんですよねゴマちゃんとかも人気だったし、水族館でもあざらしってテンション上がる動物ですからねえ

そりゃ近所の川で見れるってなったらテンションが上がる気持ちもよくわかります

 

ちなみにこれ以降、荒川にあざらしが現れたことはありません(私の知る限り)
今あらちゃんがどこで何をしているかわかりませんが、こんな何もない街に賑わいをもたらしてくれたあらちゃんに感謝ですね

 

というわけで今回はここまでです
ご一読ありがとうございました

埼玉県志木市の伝説は意外なゆるキャラになっていた・・・!?

東京から近いけど特に名物らしい名物がなく知名度に乏しい街、埼玉県志木市(しきし)
今回はそんな志木市の伝説の話をしたいと思います

 

志木市は東に荒川(あらかわ)中心に新河岸川(しんがしがわ)と柳瀬川(やなせがわ)が流れるまさに水の街です
荒川の河川敷には広大な水田が広がっていたり、新河岸川沿いに親水公園があったりします
また、せせらぎの小径(せせらぎのこみち)という人口の小川が流れる道があったりと、人々の暮らしに親水が根付いているような感じです

 

さて、もしかしたらこの時点で察しがつく人がいるかもしれません

 

伝説の話、そして水の街志木市

 

伝説・・・・・・

 

 

 

 

 

そう、カッパ!

 

志木市は何を隠そうカッパの街なのです
しかも歴史がかなり古く、1809年の「寓意草(ぐういそう)」の中のカッパのお話の中に登場しています

さらに志木市には、市内のいたるところにカッパの石像があり、街ぐるみでカッパをPRしていることが伺えます

f:id:ysguchirou:20201106134319j:plain

志木駅前のカッパの石像

f:id:ysguchirou:20201106134400j:plain

市内の柳瀬川(やなせがわ)にあるカッパ。お茶とカキが供えてあるのかわいいなw

そんな志木市カッパ文化をさらに強固に決定づけるキャラが現れました
それは

 

カパル

 

f:id:ysguchirou:20201106133856j:plain

志木駅近くにあるカパルのマンホール

 

カパルとはカッパをモチーフにした志木市ゆるキャラです
作られてから10年間、日の目を見ることがなく、同じくカッパをモチーフにした「カッピー」の方が有名で、市内でも市民権を得ているのはカッピーの方という不遇っぷりでした
しかし一転、カパルの地位を不動のものとする出来事が起こりました
それは

 

ゆるキャラグランプリ優勝

 

全国各地さまざまなゆるキャラが存在し、群雄割拠の中、2018年のゆるキャラグランプリで見事に優勝を果たしたのです

いやこれ、誰よりも志木市民が一番驚きましたよ


だって今まではカッピーの方がどちらかというと有名だったし、え、カパル?カッピーじゃなくて?くらいな感じでした

 

そんなゆるキャラ界を制したカパルはまさに志木市の誇り(手のひらクルー)
Twitterの公式アカウントも4万人以上のフォロワーがいるなど(2020.11月の数字です)単なる街のゆるキャラを越えて親しまれるキャラになりました(なぜかアカウント2回凍結されているらしいです)

 

そんなカパルですから、もう街の皆に愛される存在です


しかし、そんなカパルの存在意義を揺るがす張り紙を、志木市内のとあるお店で見つけてしまいました

それは

 

くまモンの張り紙(店内撮影禁止のお店だったので写真は撮れてませんご了承ください)

 

うん、まあ確かにくまモンの方が全国区のキャラだし、くまモンめちゃめちゃ面白いし(熊本のテレビのお姉さんとの絡みはマジで面白いです)

 

ぬぅぅ・・・これは、打倒くまモンか・・・さすがはゆるキャラグランプリ2011王者・・・ゆるキャラ界の大先輩なだけある・・・敵は強大だが、頑張れカパル!!!カパルは志木市の誇りだから!!!

 

というわけで、今回はこれで終わります
ご一読ありがとうございました

埼玉県志木市に名物が生まれにくい理由とは・・・!?

東京に近いけどこれといった名物がなく、全国的な知名度に乏しい埼玉県志木市(しきし)

今回はそんな志木市になぜ名物が生まれにくいのか考察してみます(個人的な見解なので、参考程度に読んでいただけると幸いです)

 

志木市は全国でも6番目に面積が狭い市というとても小さな市です
それでいて人口密度も横浜市並に高いので、かなり狭い中に人々が密集しているといえます

というのもやはり、電車で池袋まで20分、新宿まで30分という便利な立地なので、都内の土地代やら、家賃やらが高いなと感じる人にとっては、志木市はうってつけの場所なんですね

昔に比べて人口も増えているし、駅の近隣にはマンションがガンガン建設されて、昔と比べると結構景色が変わっています

 

そして、この狭い土地高い人口密度という特徴が、いまいち名物が生み出しづらい環境なのかなと思ったりします

 

というのも周辺の市町村には、広い土地を活かした名物が結構あるんですね

 

新座市(にいざし)には平林寺(へいりんじ)という関東を代表するお寺があって、境内の雑木林は国の天然記念物に指定されています

特に秋には、紅葉を楽しめるので、多くの人が訪れます

 

朝霞市(あさかし)にはかなり大規模な自衛隊の駐屯地があります

1964年の東京オリンピックの時には、射撃の競技会場にもなっており、来年の東京オリンピックの射撃会場にもなっています

 

富士見市(ふじみし)には同社3番目の規模で、293店が入居するというマンモスショッピングセンター、ららぽーと富士見があり、休日になると多くの人で賑わっています

 

三芳町(みよしまち)農業が盛んで、川越いもや狭山茶など名産品を多く生産しています

また、関越道の三芳PAは、関越道のPAの中でも一番の人気を誇り、TVで特集されたほどの人気のPAです

 

一方の志木市・・・志木市はーえっとー志木市はー・・・
(クッ・・・周辺の名物はこんなにもスラスラ出てくるというのに・・・)

 

そうだ!志木市にもあるじゃないか!あの名物が!
それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河川敷

 

志木市の河川敷、マジで広いから!本当に!見てくださいよ!

 

f:id:ysguchirou:20201105124952j:plain

 

ほら!めっちゃ広いでしょ!これはすごい!いやあやっぱり志木市すごいわ!こんなに広い河川敷があるなんて!ほら!田んぼすげー!こりゃバッタいっぱいいるわ!トンボもいっぱいいるし!
(ふぅ)

 

まあ私、釣りが趣味なんですけど、自己最大記録を釣ったのがこの河川敷だったんで、個人的には素敵な場所だと思ってます!

あと、よく猫がいるんで

 

f:id:ysguchirou:20201105130134j:plain

呼んだかい?

 

これで万事OKですね!

 

あとはウォーキングとかランニングとかを楽しんでいる人もたくさんいるし、パークゴルフとか草野球とかテニスとかが楽しめるので、運動したい人にはおすすめです

 

というわけで、志木市の広い土地を活かした名物のお話でした

 

ご一読ありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう

 

志木市に名物が生まれにくい理由第2弾もあります!

併せてお読みください

www.shikilove.com